詩【 六月の風 】




e0364312_12353414.jpg




詩【 六月の風 】



六月の風は吹く

梅雨らしき空模様の中に
六月の風は吹く


梅雨空の涼しげな風と
旬な紫陽花が咲きでる光景が
心を踊らせる


君らの紫陽花が咲く六月の
風は好きだよ
君らの紫陽花の葉すらも


梅雨の滴りは
君らにとって
息を繋ぐための雨雫なんだね


私にとっての
君らの季節は
心が踊るときでもあるのさ


梅雨というけれども
六月の風は涼しげに吹いて

肌にまとわりつく風が
夏前の懐かしげな色彩絵図を
呼んでいる


紫陽花の季節が
また訪れたんだね


君らの紫陽花を
私はこう呼ぶのさ

愛しき
パープルフラワーとね


パープルフラワーに心が踊る


君らの紫陽花の息が
私の心の息を繋ぐことを
知っているだろうか?


一番好きな季節が六月の頃


人の世は
梅雨の季節だと言って
嫌がるけれども


紫陽花の花と葉が
六月の風を受けて笑う絵図を
私は知っているよ


愛しきパープルフラワー
六月の紫陽花は咲きでる


e0364312_12353541.jpg















[PR]
トラックバックURL : https://kazemisaki.exblog.jp/tb/25843819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kazeumi-jun | 2017-06-13 12:35 | | Trackback