詩【 薄紅色の花唇《 河津桜 》】《 河津桜と草花の愛絵図 》




e0364312_05471966.jpg




詩【 薄紅色の花唇《 河津桜 》】

《 河津桜と草花の愛絵図 》



薄紅色の花びらに
早春の季節時計は動き始める
聞こえぬ音は風に紛れて
ゆるりと歯車を噛み合わせる


その花びらの唇は薄紅色の声を放ち
微かに秘めやかな鈴音を響かせて
澄んだ息づかいの会話を始めていく


密集した花唇が涼やかな声を放ち
あたり一面に鳴り響くとき
大地に根付く小さきもの達は
その薄紅色の花唇の声に惹かれて
顔を覗かせてしまうことだろう


秘めやかな薄紅色の花唇は
大地に覗いた小さき草花に
仄かな匂ひの挨拶をすることだろう


想ひという名の挨拶を受けた草花の
秘めやかな小さき声も、やがては
季節時計の針が愛しげに
受け止めていくことだろう


薄紅色の花唇よ
なんと君は愛おしい姿をして
声を響かせるのだろう


我もまた、その薄紅色の花唇から
微かに聞こえる花声を聞いては
想ひという名の挨拶をしよう


薄紅色の花唇は、その大地に根付く
小さき草花へ頬を寄せて
草花の顔に挨拶の唇を近づけて
いくことだろう

愛しげに艶やかさを秘めたまま
頬を寄せて唇を近づけていくだろう
その大地に咲く草花の、花顔の唇に


その頭上では、愛しげに季節時計の
柔らかな針が動き、笑みを浮かべて
優しげに見つめているだろう


薄紅色の密集した花唇と草花との
《 愛絵図 》を受け止めていくのは
柔らかな季節時計の風と知りながら
艶やかさを秘めて花唇は咲きほこる


薄紅色の花唇を持つ河津桜と
大地に根付く草花との
秘めやかな愛絵図を
季節時計の風は知っている


■【 作成日 】■
【 2018年2月18日《 日 》】



e0364312_06285569.jpg















[PR]
トラックバックURL : https://kazemisaki.exblog.jp/tb/27082943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kazeumi-jun | 2018-02-18 07:37 | | Trackback