詩【 毛糸の心臓 】




e0364312_04270828.jpg




詩【 毛糸の心臓 】



毛糸で編んだハート型の心臓に
残りかす毛糸の、バラバラな糸屑を
ギュウギュウに詰め込んだら
毛糸の肌は張り裂けそうになり
編み目から糸屑が見えてしまった


まるで破れかけた心臓が
破裂しそうな勢いで細い糸屑を
押し出そうとしている


毛糸の中は糸屑の体内宇宙
切れた糸が血流のような赤や薄紅色
白い肌色ごとくの細い糸が
毛糸の編み目から張り裂けそうに

いかにも、何処ぞの心臓が
破裂しているかのごとく
宇宙をつくりあげて
心臓は破裂寸前ギュウギュウ詰め


糸屑の宇宙は編み目から
張り裂けそうな糸屑を
遠くの星々に見立てて
破れかけた、毛糸の肌を見ている


息も切れ切れな、危うい私の心臓が
とても似たようだと苦笑いしては
毛糸で編んだハート型の心臓を
見つめている
重なりすぎるほど似ていると呟いて


毛糸の編み目の中は
残りかす毛糸の、糸屑の宇宙が
たくさん血流のように詰まっている

張り裂けそうな編み目から
ギョロリと睨む糸屑の星々がいる


糸屑の心臓からは残りかす毛糸の
血流がはみ出しては、見つめている

毛糸で編んだハート型の心臓を

にも破裂寸前な、この毛糸の心臓を
我が身と重ね合わせては


■【 作成日 】■
【 2018年2月28日《 水 》】



e0364312_04344575.jpg















[PR]
トラックバックURL : https://kazemisaki.exblog.jp/tb/27107816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kazeumi-jun | 2018-02-28 05:07 | | Trackback