詩【 白紙の境界線 】




e0364312_23222111.jpg




詩【 白紙の境界線 】



記憶と現実との境界線はあれども
人と人との間に境界線などを
作ってはならぬ


嘘と真実との境界線はあれども
真実で描く絵図に心は出でる


かつての記憶と
今を司る現実との間に
境界線はあれども

それらの中に怯えて佇む人を
支えようとするならば
嘘にまみれし声を言わず
真実だけを持って繋ぐが良ければ

だからこそ、人と人との間に
境界線などを作るなかれ


人の持つ境界線とは
意識を作るものの中で
記憶と記憶が混ざり込むのを
防ぐためにあるもの


記憶と現実との境界線はあれども
人と人との間に境界線などを
作ってはならぬ


境界線は、嘘にまみれしものと
真実で司るものとを
分けるためだけにあれば良い



記憶と現実との境界線はあれども
人と人との間に境界線などを
作ってはならぬ


そこに居座り怯える心に触れるとき
人と人の心は繋がれしゆへに

だからこそ、境界線と云ふものは
人と人との間に境界線などはいらぬ



境界線は、嘘にまみれしものと
真実で司るもののとの境目に
分ける境界線があれば良いと思へば


誰もが境界線と云ふけれど
境界線とは、人と人の中にはなき
心と心を繋ごうとする中には
境界線などは必要なきもの


人の心と、人の心との間に
分けるための境界線を作れば
人の心は外に出でることなく
やがて、心は壊れゆくことだろう


そこに居座り怯える心に触れるとき
人と人との心は繋がれしゆへに

だからこそ、嘘にまみれることなく
真実で司るものこそが
人と人の心が繋がるものと思へば

白紙の境界線などはなきものと
我はそう思へば



人の持つ境界線とは
意識を作るものの中で
記憶と記憶が混ざり込むのを
防ぐためにあるもの


人の持つ境界線とは
全ての記憶と記憶が混ざり込めば
意識すらも混乱して
人が人としての心を無くしてしまふ

そのためにあるものが、境界線なり


人と人との繋がれる心に
境界線などを作るなかれ


嘘と真実との境界線はあれども
真実で描く絵図に心は出でる


嘘と真実との境界線はあれども
心と心の繋がれるものに
境界線などは必要なきものゆへ

それは、白紙の境界線と云ふ


■【 作成日 】■
【 2018年3月4日《 日 》】


e0364312_23190614.jpg















[PR]
トラックバックURL : https://kazemisaki.exblog.jp/tb/27118185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kazeumi-jun | 2018-03-05 01:40 | | Trackback