詩【 夜明け前の鼓動 】





e0364312_04405102.jpg




詩【 夜明け前の鼓動 】



まだ朝陽も出ぬような
暗さを伴う空に
微かな光は映し出されて


まるで
息を繋ぐ鼓動のような紅さが
あたりを染めて
何処からともなく鳥の囀る声は
鼓動をする空へと向かう



まだ暗さのある空が、心臓を回りくねり、血が巡る紅さの鼓動を明日へと繋ぐようでもあり、今日の1日が明日へと向かうことを願うような、血が巡る紅さと暗さを伴う夜明け前の鼓動


それは生きるための夜明け前の鼓動



息をする空が朝陽を浴びて
光を携えて緑葉へと向かい始める


体内の心臓が
まだ息を繋ぐ紅さを空に映し出す時

今日1日を明日へと繋ぐために
息をする鼓動が朝陽の中で
我が心臓の鼓動が明日へ続くために


私は今日の鼓動をする
明日へ繋ぐために今日の鼓動をする


◆◆◆◆◆◆


【 我が心臓は、何とか今日1日を生きていたよ。
今日1日を明日へ繋ぐために。
私は今日の鼓動をする。
今日1日だけを生きるために。
今日の鼓動を明日へと繋げるために。
ただ一つの願いを明日へ繋ぐために。
私は今日の鼓動をする。】



私は今日の鼓動をする
明日へ繋ぐために今日の鼓動をする



e0364312_05043477.jpg


詩【 夜明け前の鼓動 】

【 作成日 】
【 2018年6月28日 】

【 作者/鏡乃 琴禰 】


e0364312_05175337.jpg



















[PR]
トラックバックURL : https://kazemisaki.exblog.jp/tb/27363973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kazeumi-jun | 2018-06-28 05:58 | | Trackback